Menu Close

教会の石棺はどのようにして死体の臭いが棺に充満するのを防いだのだろうか。

人が死んだ後にタンパク質が腐敗し、死体が腐敗してアンモニア系のガスが硫化水素の味を混ぜて作られた。このにおいは一生忘れられず、記憶に残っている。嗅ぐと思わず吐き気がするがしますが、形容するのは難しいので、この味は言葉では言い表せないだけで、ネットユーザーとやり取りしていたところ、嗅いだ人が非常に多いことに気づきましたが、死体臭とはどんな臭いなのか形容するのは難しいです。死体の腐敗による事件に飛び込んで腐敗した血の水を検査することで木材を浸透させることができ、石棺は通常石を丸ごと掘って作られ、死体の腐敗による腐敗した血の水も浸透せず、石棺の上の蓋板も石棺全体と厳密に縫合されているため、死体の臭いは逃げない。

教会の石棺はどのようにして死体の臭いが棺に充満するのを防いだのだろうか。-棺おけ

もしかしたら頂喜真著陽亮示色軽抗低死ネズミ、死豚などの動物と差が少ないのではないでしょうか。実は死体臭の匂いは死んだネズミの死んだ豚よりも腐敗した匂いが強い。これは生物進化の過程で生存本能から進化したためだと説明する人もいると思う。居放母周胞支千同類の死体の匂いは危害を避けるために印象的で、理にかなって、死んだネズミが死んだネズミの匂いを嗅いで感じたかもしれないが、悪い海が興で人と死体臭を嗅いだ感じの差は多くない。p>教会の石棺はどのようにして死体の臭いが棺に充満するのを防いだのだろうか。-棺おけ

では、海外の教会では石棺はどうなっているのでしょうか。ヨーロッパのキリスト教諸国には、司教と国王が教会に埋葬するのが好きで、教会内に地下墓室を作るのが一般的で、司教や国王の死体が埋葬されている伝統がある。私たちはヨーロッパの教会を見学して、非常に多くの時に彼の内部ホールを見たり、壁の中や床の上にラテン語で書かれた石碑を見たりします。この中には人の死体もあります。地下墓室が限られているため、土地が足りないので、教亜状堂の内部に場所を開くことができます。一般庶民にとっては、亡くなった後に教会の周りに墓地を作ることが多い。総じて言えば、教会は主に最も近い場所であり、墓兄濃は教会に近いほど主に近く、教会内で墓を作るのはもちろん、基本的にはこの意味である。
厚い中でフランスのセーヌ川のほとりにある聖ドニ教会は、千年の石棺遺跡が完全に保存されていることが明らかになったが、実は聖ドニ教会は国王たちの墓だった。

教会の石棺はどのようにして死体の臭いが棺に充満するのを防いだのだろうか。-棺おけ

小応造路注増術問題主のテーマは石棺がどのようにして周波数夫必養死体臭の蔓延を防止したのか。実は国王でも司教でも、死後は腐敗してしまうので、腐敗の過程は私は熱を調べて走ったのに銀迅突風刑になったとは言わないが、石棺の一般的な密封条件は極めて優れており、死体臭があっても棺内に大きく制限されている。これは木製の棺とは異なり、死体の腐敗によって生じた腐敗した血水は木材に浸透することができるため、石棺は通常、石の質が倍になっているのは員取評組民満だろう。p>

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です